皆さんお疲れ様です!

ギャンブル依存症のkazuです!
今日も閲覧いただき、ありがとうございます。

今日は自分の欠点について書いていきたいと思います!


ギャンブルを始める前、始めてから詰んでいないときは、
正直人生はちょろいものだと思っていました。
自分で言うのも気持ち悪いですが、
中学受験、大学受験、就職活動、
部活、学校での成績などで一切苦労したことがありませんでした。
普段の生活で大きな挫折を経験したことがなく、
なんでみんなこんなに苦労しているんだろうと思っていました。

成績もよく、大学受験も高校内の一般受験組では一番のりで志望校に合格し終わり、
部活でも中学、高校、大学と常に主要メンバーでやっていました。
大学から始めたアルバイトでもどこへ行っても普通に働けたし、
大学留年はしましたが、就活も受ければ内定、といういい流れで
こんなにも人生はちょろいものなのか、自分はすごい人間だと考えていました。

ギャンブルを始めてからも同じことを思っていました。
こんなにお金になるものがあるのに、みんななんでやらないんだろう、
借金をしていても、お金がないから今日は飲みに行けない、と
断る友人をみては馬鹿にしていました。
これが普通だし、当たり前だと思っていました。

ギャンブルで勝ったお金を湯水のごとくつかい、
負けてもキャッシングで憂さ晴らしでお酒を飲んで騒いでわすれる、
詰む前まではこのような生活をしていました。


施設に入って、自分なりにギャンブル依存症の本などを読み漁り、
たった一行の文章で、自分の欠点に気づきました。
【自分は神ではない】
この文書は自分には重く刺さり、
真面目に欠点について取り組んでいこうと思えるきっかけとなりました。

以前だったら遊びにいけば自分が一番目立たなければならない、
すべての人に対していい顔をし、好かれる人間になりたい、
そう強く思っていました。

しかし施設を飛び出してからはだいぶ変わってきました。
飲みに行けば割り勘、自分が目立とうとしない、
そのようなことを意識して生活しています。

自分が目立ちたいと思うようになると、
自然とお金もなくなります。
なくなったお金をとり戻すためにギャンブル、借金をする
この負のスパイラルに陥らないように意識して生活していきたいと思います!


今日も読んでくれてありがとうございました!

更新頻度は遅いですがまた更新しますのでよろしくお願いします!